トップ

アトピーに保湿が必要

アトピーと保湿の関係とは

アトピーに大切な保湿

皮膚科医の中には、保湿をすると肌が怠惰になり自分から潤おうとする力が弱くなるため、アトピーのある方に対して、脱保湿をするようにと指導することがあるようです。しかし、これは本当に正しいアトピー肌を改善する方法なのでしょうか。アトピー肌の方の中には、お風呂上りに肌が痒くなり、掻きたい衝動と闘ったという経験をお持ちの方も少なくないのではないでしょうか。アトピーにも保湿が肝心です。

お風呂上りには肌の水分が蒸発し、肌は乾燥しやすくなります。肌が乾燥してしまうと肌にある炎症部分が痒くなってしまうのです。これで掻いてしまっては、炎症は更に悪化してしまい、治るものも治らなくなってしまいます。この悪循環を回避し、アトピー肌を改善するためには、肌の表面を保護するためにしっかり保湿をして乾燥から守ってあげることが大切です。保湿をしても肌が怠惰になることはありません。

注意点として、炎症を起こしている肌には刺激の少ない保湿剤を選ぶようにしましょう。アトピー肌は刺激に敏感ですから、刺激が強すぎると症状を悪化させてしまう原因となりかねません。

アトピーをホホバオイルで保湿


アトピー肌に優しい保湿剤として注目されているのがホホバオイルです。ホホバという多年草由来のホホバオイルは人間の皮脂と構成が似ているため、きわめて低刺激のオイルです。医療の現場では人工心臓の潤滑油として用いられているほどですから、その刺激の少なさは折り紙付きです。

ホホバオイルで保湿をすると酸化しやすい皮脂の分泌を抑えてくれる働きもあります。また抗酸化作用のあるビタミンEも含まれていて、肌を活性酸素からも守ってくれますし、ホホバオイル自体も酸化しにくいという特徴があります。酸化したオイルをアトピー肌に塗ってしまっては逆効果になってしまいますから、酸化しにくいホホバオイルはアトピー改善に向いているオイルと言えます。また、ホホバオイルにはバクテリアなどのアトピーに悪影響を及ぼす細菌に対して強い影響力があることも分かっています。

使用感もべたつきが少なく、スーッとよく伸びて肌に馴染みやすいと評判です。植物由来のため、ステロイドのように副作用がないという安心感もあります。注意しなければいけない点としては、季節性アレルギー性鼻炎のある方は、植物に対してアレルギー反応が出やすい体質ですから、ホホバオイルでもアレルギー反応が出てしまう可能性があります。そのような方は、炎症のない部分で5日間ほど少量を使用してみて、アレルギー反応が出ないかどうかを確認してから、アトピーのある部分に使用するようにしましょう。